お役立ち記事

2018-03-24 23:52:00

ヘアドネーションと美容室

こんにちは。美容学校求人代行の中村です。

本日は、求人に関する話題からはちょっと逸れます。^^;


ご存知の方も多いかもしれませんが・・・

NPO法人Japan Hair Donation & Charity(通称JHDAC:ジャーダック)という団体をご存知ですか?

 

もちろんこの団体以外にも存在するのですが、

日本で初めて『ヘアドネーション』の活動を始めた団体です。

 

私は個人的にヘアドネーションの目的で髪を伸ばし続けているのですが、

自分の住んでいる市で「ヘアドネーション 美容室」と検索すると、たったの3店舗しか出てきませんでした!

 

調べてみたら、全国でヘアドネーション対応のサロンは、170店舗ほどしかないようです。

 

美容室の数はコンビニよりも多いのに、です。

 

弊社で求人票を作成させて頂いているサロン様の中には、ヘアドネーションサロン登録されているサロン様が数軒ありました!

 

ヘアドネーションに協力できるのって、美容室の特権だと思うのです。

 

周りに癌患者の方がいらっしゃる方は身近に感じることが出来ると思います。
(小林麻央さんもこれについてブログで触れていらっしゃいましたね。)

 

私の知り合いも、癌で髪の毛が抜け、ウィッグを付けた時はとても嬉しそうでした。

1つのウィッグを作るのには、約30人分の髪の毛が必要なのだそうです。

そして、その髪の毛は、もちろん人毛がベストなのですが、足りていないのが現状です。

 

ヘアドネーションそのものの認知度が、まだまだ低いのです。

 

認知度を上げるのに一番効果的なのは、まず美容室がそれを知ること、

そして、美容室でお客様にそれを知ってもらう活動(ポスターなど)をすることではないでしょうか。

 

毎日たくさんの髪の毛を切る中で、ロングをショートにしてもそのまま捨てられる髪の毛もたくさんあると思います。

その髪の毛が、どこかで誰かの涙を笑顔に変えることができたら、素晴らしいと思いませんか?

 

髪を切られる側も、自分の髪の毛が誰かに役立つと思うと、とても嬉しいですよね。

お金の寄付はハードルは高い人でも、髪の毛の「寄付」は、誰もが気持ちよく出来ることで、且つ美容室としてのイメージアップにもつながる活動だと思うのです。

 

ヘアドネーションについて詳しくはこちらをご覧ください。
https://www.jhdac.org/index.html

 

日本中の美容室で切られる髪が、日本で髪を必要としている人たちの役に立つことが、当たり前になる日が、来ますように。

2018-03-21 00:46:00

求人票を出すタイミング

最近初めてご利用のお客様からのお問い合わせで多いのが

 

「求人票を出すのはもう遅すぎですか?」

 

というようなご質問です。

 

結論から申し上げますと、

 

遅くありません。

 

むしろ、4〜5月にかけて今年度初めての求人票を出されることをオススメしております。

 

主な理由は

①学生たちが就職課に足を運びやすい時期

②まず学校の就職担当の先生に御社を知ってもらう機会作り

などです。

 

この時期学生さんたちは就職課に届く求人票に目を通します。

 

また、学校によっては、実際にサロンを募集し、企業説明会を行う時期でもあります。

 

求人票は、年度始めに1回出すものではなくなっており、毎年コンスタントに採用できているサロン様は、年間を通して2〜3回は求人票をお出しになっています。

 

まずはこの時期に、1度目のアプローチとして求人票を出してみませんか?

 

◎発送先学校リストはこちらからお問い合わせください。

 

◎その他ご不明な点やご質問はこちらからお問い合わせください。

 

LINE@でもお気軽にお問い合わせ&お申し込み頂けます。



お申し込み-100.jpg

2018-03-19 10:12:00

サロンの生存率

こんにちは!

今日は、サロンの生存率についてのお話です。

 

皆さんは、開業から1年以内に閉店または倒産するサロンが、何軒くらいあるかご存知ですか?

現在、日本には約24万軒の美容室が存在しています。

その中で、1年以内に閉店または倒産するサロンは、なんと全体の60%にも及びます。

では、3年ではどうでしょう?

3年以内に閉店・倒産するサロンの数は全体の約90%に跳ね上がります!

資金に余裕があって、多店舗展開もできるところは、3年はもつかもしれません・・・。

では、10年ではどうでしょう?

10年以内に閉店・倒産するサロンの数は、全体の約95%!!!

20年以上続いているサロンに至っては、全体の約0.3%しかない始末・・・。

 

でもこれが現実です。

 

そして、現代のサロンでは、閉店・倒産の原因は売上不足・客離れという理由だけでなく、

人材不足も深刻な問題となっているのです。

このページをご覧になっているオーナー様にも、『スタッフ採用と定着』にお悩みの方は多いのではないでしょうか?

お客様は入っているのに、スタッフ不足でお店が回らない・・・負の連鎖で、業務過多になったスタッフがさらにやめていく・・・。

やはり、スタッフ採用、そして新卒採用から人材を育成していくということは、これからのサロン存続に大きく関係する課題です。

弊社では、毎年真剣に新卒採用に取り組んでおられるサロンオーナー様に、美容学校・高校の進路状況について聞き取りの結果をお伝えし、特に近年、そこから採用につながったという嬉しいお知らせを多くいただいております。

採用にお困りのオーナー様がいらっしゃいましたら、どうぞご相談ください。

問い合わせボタン-80.jpg

 

1