お役立ち記事

2018-03-19 10:12:00

サロンの生存率

こんにちは!

今日は、サロンの生存率についてのお話です。

 

皆さんは、開業から1年以内に閉店または倒産するサロンが、何軒くらいあるかご存知ですか?

現在、日本には約24万軒の美容室が存在しています。

その中で、1年以内に閉店または倒産するサロンは、なんと全体の60%にも及びます。

では、3年ではどうでしょう?

3年以内に閉店・倒産するサロンの数は全体の約90%に跳ね上がります!

資金に余裕があって、多店舗展開もできるところは、3年はもつかもしれません・・・。

では、10年ではどうでしょう?

10年以内に閉店・倒産するサロンの数は、全体の約95%!!!

20年以上続いているサロンに至っては、全体の約0.3%しかない始末・・・。

 

でもこれが現実です。

 

そして、現代のサロンでは、閉店・倒産の原因は売上不足・客離れという理由だけでなく、

人材不足も深刻な問題となっているのです。

このページをご覧になっているオーナー様にも、『スタッフ採用と定着』にお悩みの方は多いのではないでしょうか?

お客様は入っているのに、スタッフ不足でお店が回らない・・・負の連鎖で、業務過多になったスタッフがさらにやめていく・・・。

やはり、スタッフ採用、そして新卒採用から人材を育成していくということは、これからのサロン存続に大きく関係する課題です。

弊社では、毎年真剣に新卒採用に取り組んでおられるサロンオーナー様に、美容学校・高校の進路状況について聞き取りの結果をお伝えし、特に近年、そこから採用につながったという嬉しいお知らせを多くいただいております。

採用にお困りのオーナー様がいらっしゃいましたら、どうぞご相談ください。

問い合わせボタン-80.jpg