お役立ち記事

2018-02-02 12:13:00

求人票と一言で言っても・・・

さて、前回は1回目に引き続き、美容学校に求人票を出す重要性についてお話しさせて頂きました。

今回は、更に現代のサロンが向き合っていかなくてはいけない現状について書きたいと思います。

さて、美容専門学校にくる、求人申し込み(求人票)軒数はどのくらいくると思いますか?

 
ある美容専門学校は、
 
生徒さん350名に対し、約2500軒のサロン求人票 が届くそうです!
 
約7軒に1軒しか求人できない計算になります。
 
相当な倍率ですね
 
 
大手サロンが、複数名採用する事を考えると、さらに求人が難しい、
完全に『売り手市場』と言えます。

 

全国に約300の美容専門学校があり、おおよそ似た状況の様です。
 
つまり、単に求人票を提出しただけでは、採用は相当難しくなっているのが現状という事です。

今までの流れを整理しておくと、

①求人票を出していない場合、学生に自社のサロンを知ってもらう可能性はとても低い。
②求人票を出している場合、学生さんに知ってもらう確率は上がるが、求人票を既に出しているサロンの数も多いため、まだ十分とは言えない。 

 

そこで、数ある就職先の中から選ばれるために必要となる次のステップをご紹介します



それは、求人票の提出+『工夫』です。

普通なアドバイスだな・・・と思われましたか?

そうですね、それがどんな『工夫』なのかを知りたいところですよね。
でも、今回はまず、今までに書いた事についてじっくり考えて頂きたいと思います。

 今まで求人にある程度は力を入れてきたつもりだし、待遇面やスタッフ育成も改善し、ウェブ媒体にも掲載してみたりして頑張っているのに、なぜ申し込みや問合せがこないのだろう??

 このことについて、まず自問自答するところから始めましょう。


次回は、求人票の提出に加えて、どんな『工夫』が必要となって来るのかについて書きたいと思います 




美容学校求人代行
http://salon-recruit.com/