お役立ち記事

2018-02-02 12:08:00

学生の採用で、まず行う事

 

あと2ヶ月で、4月、新年度です
美容専門学生は二年生に進級し、就職活動の本番です! 


多くの学校では、就職説明会やガイダンスがスタートします。
学生さんの『採用』を考えているサロンさんから、
採用のために、何をしたら良いか?
という問い合わせを、良く頂きます。
様々な方法がありますが、まずは『必ずやる事』として、
『求人票』の提出 があります。
 
 
既に、美容学校で用意してある規定の求人票に手書きで1つ1つ記入し学校に送られているサロン様も多いと思いますが、学校側は、少しでも就職先の情報を学生さんに伝えたいため、内容は詳細に書き込む必要があります。
職種、勤務場所、初任給、給与体系、福利厚生、勤務時間、休日、最寄駅、詳しい行き方、連絡先、設立年月、代表名、店舗数、社員数、サロンの特徴、採用方法、URL、会社説明会の有無、などなど・・・。

項目は多岐にわたります。
初めて書く場合は、けっこう手間がかかる!と感じる様です。
初めてでなくても、一つ一つ手書きで作成するのはとても手間がかかります。

しかし、採用できる、できないは別として、とにかく求人票を出す事、これは採用への第1歩なので、もはや必要不可欠な作業です。
学校に求人票を提出して、初めて採用活動が『スタート』します。
『求人票出さずして採用はない』と言っても過言ではありません。

ではなぜ、『求人票』提出がそんなに大切なのでしょうか。
それについては次回の投稿でお話ししたいと思います


美容学校求人代行